わかりにくい反射区シリーズ【副甲状腺】

シリーズ第2弾

いつまで続くでしょうか?


まずは副甲状腺の仕事は

副甲状腺ホルモンを分泌しています。体内のカルシウム量を調節するホルモンです。 カルシウムは骨の材料であるだけでなく、心臓も含め全身の筋肉を収縮させたり、 血液を固まらせたりするのにも欠かせません。 さらに、脳細胞が働く上でもなくてはならないミネラルです。

ここが結構ゴリゴリしている人はいます。 現代社会では、カルシウムをしっかり取るのは難しいかもしれません。 牛乳も飲まなくなったり、魚もあえて食べないとなかなか口に入らなくなってきています。 普段から、接種するように心がけている人は、まったく問題ないのですが、 気にしていない人は、ここが原因で、頭の働きなどが落ちているかもしれません。

もちろん、サプリメントで補ってもいいですが、 基本は食事でとってもらいたいところです。 足つぼで接種を増やすことはできませんが、 正しく副甲状腺が働くようにむけていきます。 秋は魚のおいしい時期でもあります。 この機会に、カルシウムをしっかり食べましょう!

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagramの社会のアイコン

足つぼ日本一新橋店

出演依頼電話

© 2018 ashitsubonihonichi.